運営者

東京・神奈川を中心に湾口の歴史や景観について学んでいます。失われつつある昭和の匂いを感じさせながらも、横浜ベイブリッジや大桟橋などの近代的な景観を楽しむことができる赤レンガパークがお気に入りです。

光による都市景観の演出が美しい

夜の景観も重視した街づくりを行っていることでも有名な、横浜のみなとみらい21地区。特に海からの景観や、水面に映える光の効果を意識して照明計画が立てられており、建築物の外部照明も、町全体の景観、他への影響、効果を考えた設計や配置が行われています。

公共施設も街路灯やペデストリアン・デッキなどの照明などはオリジナルとなっており、しかも街路ごとによって異なるデザインが採用されています。特に横浜美術館前にある美術の広場や、汽車道、パシフィコ横浜を取り巻くペデストリアン・デッキなど、公共施設は計画当初から積極的に照明デザインを取り入れてきました。

現在では赤レンガ倉庫や、クロスゲートの壁面のライトアップ、横浜メディアタワーの上に伸びる高さ150mの鉄塔が四季折々に変化するライトアップ、コスモスクエアの大観覧車の花火をイメージした演出、汽車道のイルミネーションなどによって、夜間の景観演出やランドマークとして効果を発揮し、みなとみらい21地区の夜景を目当てに訪れる人々が増えました。週末はヘリコプターによるナイトクルーズが人気を博しています。

クリスマスシーズンには、地区全体で強調してオフィスビルの全館点灯や様々なイルミネーションが計画され、みなとみらい21地区の代表的景観として定着しました。横浜港を部隊とする夏の花火大会と同様、多くの観光客が訪れています。

オープンキャンパスのご案内

2010年04月
東京都文京区主催の「文の京都市景観賞」を受賞した「緑を取り入れたビル群(独立行政法人住宅金融支援機構・コートレジデントタワー管理組合・森ビル株式会社ほか5社の協力)」を撮影。
2009年12月
冬の横浜のイルミネーション夜景を創出・プロモーションする「横濱ブリリアントウェイ」を撮影。
2009年09月
東京都港区によるパネルディスカッション「みんなで港区らしい景観を育てよう」を見学。
2009年05月
国土交通省による「美しいまちなみ賞(旧:都市景観100選)」の優秀賞を受賞した千葉県浦安市の日の出・明海・高洲地区を探索。